Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鍋ダイエットで痩せない人の理由とは?

ダイエットを行う中で、なるべく継続できるものを探す人と短期集中で痩せる方法を探す人に分かれると思います。
そんなどちらの人にも効果的なのがお鍋。低カロリーで体を温めることが出来るので夕食に重宝されていると思います。

そんな鍋ダイエットで痩せない人がいることをご存知でしょうか?

ダイエットで鍋が良い理由は?

ダイエットの基本として、低カロリーの食事で1日の摂取カロリーを減らすことが重要です。
どれだけ運動をしても消費しきれないカロリーを摂取していては全く意味がないといえるでしょう。

しかし、ただ単純に食べる量を減らすだけではなく、低カロリーの食事に切り替えることで満足感はかなり減ってしまいます。満足感が得られない食事は食べ過ぎにつながるので我慢しているのに痩せないという落とし穴に陥るのです。

そこで重宝されているのが鍋です。

鍋は、低カロリーで体を温めて代謝を上げる効果があり、尚且つ日本人に慣れ親しまれた満足感を得られる料理なので、継続してカロリー制限を行うのにもってこいというわけです。

鍋ダイエットで痩せない人の落とし穴

ではなぜ鍋ダイエットをしていても効果が得られない人がいるのでしょうか?

それは、鍋に入れてる食材に問題があるためです。

白菜やネギなど定番の食材ばかりだと歯ごたえが無く、知らぬ間に食べ過ぎてしまうということがよくあります。
低カロリーだから大丈夫だと思って際限なしに食べていてはどんな料理でも痩せることはできません。

食べる量を減らす行為は、そのまま日々の食事量自体を自然に減らすことにもつながりますので、低カロリーなら大量に食べても大丈夫という考えは今すぐ捨てましょう。

鍋ダイエットで入れるべき食材とは?

〇鶏肉
鍋の食材としては鉄板ですが、出来ればささみなどを中心に入れるとダイエット効果が上がります。ささみはもも肉に比べて、パサッとした食感になっているので満腹感を得やすく、高いタンパク質を含んでいます。

〇キノコ
低カロリーでありながら、どれだけ煮込んでも歯ごたえが残る食材です。種類も豊富なので日々かわるがわる食べることで飽きることなく継続できるメリットがあります。

〇根菜
ごぼうなどの根菜は、歯ごたえがしっかりとしており噛む回数が自然と増えていきます。噛む回数が増えるほど満腹中枢が刺激されて、早い段階で満足することが出来るのでおススメです。

まとめ

どれだけ低カロリーの食事だといっても食べ過ぎると何の意味もありません。
継続できるように日々の食事量を減らして、我慢するのではなく減らした量で満足できるように変えることが重要です。短期的に行い痩せてもすぐにリバウンドを起こしてしまい、努力が水の泡になってしまう何てことは非常に多いのです。

しっかりと習慣を変えて、我慢せずに継続できるダイエットを実践しましょう!