Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

短期ダイエットは無意味!その理由とは?

辛いダイエットも短期間なら耐えられる!直ぐに結果が出ないとモチベーションが上がらなくて続かない!など、短期集中型のダイエットを行う方は多いのではないでしょうか?
しかし、そんな努力も無意味になってしまうかもしれません。短期集中型のダイエットはなぜダメなのか、その理由を調べてみました!

短期集中型のダイエットとは?

2週間~1ヵ月などの短期間で体重を大幅に落とすダイエットです。
これは、普段の習慣からは考えられないほどに過度の負荷をかけることが重要になるので、かなりのストレスとの戦いになります。

そして最も実践されている方法が、食事制限です。

極端に食事を食べない、食事を野菜のみにするなど、普段の習慣からガラリと変化させることで、摂取カロリーを大幅に減らして痩せる方法ですが、全く食べないファスティングに挑戦する人もいるようです。

偏った食事制限は、体重は落ちていきますがキレイで健康的な痩せ方はできません。
ファスティングについては、しっかりとした知識を持って行わなければ危険がある方法だともいわれています。

短期集中型がダメな理由とは?

短期間で体重を大きく減らすことで、多大なストレスが溜まり、設けた期間を乗り切った時の解放感で多くの人は、今まで我慢していた食べ物を食べたりします。

この行動がそのままリバウンドにつながり、最悪の場合ダイエット前よりも体重が増えてしまうというケースがあります。痩せることと痩せたままでいることはまるで違いますので、短期間で体重を落とすなら、それを継続していくか定期的に実践するなどして維持していかなければなりません。

辛い思いをして短期間だけの喜びを得るだけの結果になる人が非常に多いため、無意味だと言われているということ。

ダイエットは継続することが大切です。

まとめ

長く緩やかに体重を落としていくことで、ストレスをほとんど感じることなくしっかりと痩せた状態を維持することが出来る、これが正しいダイエットです。

長い時間をかけて太らない習慣や食事量の調整などを体に覚えさせていくことで、リバウンドすることなく健康的に痩せることができます。

これからダイエットを始めようと考えている人は、まず3食のうち1食を低カロリーに変えてみることから始めてみては如何でしょうか?