Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベースメイクでいつもより小顔になれる方法を教えちゃいます♪

images

小顔はやはり憧れますよね?

メイク次第で大顔にも小顔にも見えますよね?

小顔になれるベースメイクが分かると、ますますオシャレも楽しくなること間違いなし!

さっそく小顔メイクをご紹介しましょう◎

images

■:ナチュラルな色選びを!

首と顔の境目の色に近いファンデーションを選ぶとナチュラルな仕上がりを目指せます。
なりたい肌を意識しすぎるあまり、合っていない肌色を選んでしまうと不自然な仕上がりになってしまいます。
例えば、実際の肌色より明るいファンデーションを選んでしまうと膨張してしまい、実際より顔が大きく見えてしまうので注意しましょう。

■:あくまで薄塗り!

薄塗りを意識しましょう。
むしろ中心部しかファンデーションは必要ないかもしれません。
フェースライン部分をを厚塗りしてしまうとのっぺりと膨張して見え、立体感を感じなくなり、返って顔が大きく見えてしまいます。

■:透明感と立体感=ハイライト!

Tゾーン、目下、顎下にハイライトを入れましょう。
透明感と立体感をだすために、ほんの少しさりげなく入れましょう。
入れすぎると顔が大きく見えます。

■:影=シェーディング!

顔の輪郭や顎、おでこにシェーディングを入れます。
髪の生え際部分を濃いめに入れて、そこからぼかすように入れると自然な立体感がうまれます。
入れ過ぎは違和感となりますので注意しましょう。

■:血色=チーク!

肌馴染みの良い自然なチークカラーを頬骨の高い位置にふわっとのせます。
オレンジ系やコーラル系が自然な仕上がりでオススメです。
肌に馴染む色をえらぶことで立体感と血色がプラスされます。

■:顔のフレーム=眉毛!

顔のフレームとなる眉毛はとても大切なパーツです。
自眉毛である事が理想的ですが、うすく細い場合でも、出来るだけナチュラルさにこだわりたいので、1本1歩丁寧に書き足していきましょう。
眉毛が無かったり薄いと、表情も怖く見えますし、大顔にも見えてしまいます。

まとめ

images

ファッションはその日の気分やシチュエーションでさまざまな変化を楽しんで、ベースメイクは安定の小顔メイクを楽しみましょう。

全ては”さり気ない”ことをポイントとしてナチュラルな陰影や立体感を目指しましょう。

厚塗りしてしまうと、返って大顔に見えたり、わざとらしくなってしまいます!

ポイントを抑えて、小顔を手に入れましょう◎