Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

酵素ドリンクを手作りで♪

少しまえより酵素ドリンクがブームとなっています。
そこで酵素ドリンクを手作りする人も増えてきたんだとか。

確かに自分で作るのは趣味として楽しいし面白いですよね。

そこで今回は酵素ドリンクの作り方について書いていきたいと思います。

images

①まずは材料選び

市販されている酵素ドリンクは何種類もの材料を使っていますがまずなれるまでは1種類、単一のもので作っていきましょう。

材料はリンゴなどの果実や、旬の野菜で、無農薬のものがいいでしょう。

②容器を用意

無色透明でガラス製かプラスチック製のものを用意。
色が付いたものだと発酵具合などの判別が難しく適してきません。

③材料を洗います

材料を水洗いしましょう。農薬などが心配であれば、ボールに小さじ1杯程度の重曹を入れ、材料を30秒から1分間浸します。

④材料を切る

野菜や果物は皮がついたまま使います。
丸ごとでも問題は無いのですが細かくしたほうが発行がスムーズに行われるので3~4センチにカットするのが理想といわれています。

images

⑤砂糖と混ぜ合わせます

切った材料を砂糖と一緒に容器に入れます。
砂糖は白砂糖(上砂糖)で比率を材料:砂糖=1:1.1にします。

砂糖が多くね?ってみえますが発酵することによって糖分が分解されるので心配はありません。

⑥発酵開始/かき混ぜる

保管する場所は日の当たらない場所がよいでしょう。36度が発酵の理想といわれていますので冷蔵庫には入れずに冬はタオルを巻いたり温かいところに置くとベストな発酵を即すことができます。

また、毎日2回程度空気に触れるようにたっぷりと綺麗な素手でかき混ぜましょう。

⑦発酵完了/完成

発酵が上手い具合に進むと材料が上に浮いてきて泡が出るようになります。
かき混ぜたときにシュワ~っとしたら発酵完了。
あとは材料をこしたら出来上がりです。

出来上がったドリンクは冷蔵庫で保存しましょう。

では楽しい酵素ドリンクライフを!